お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『断鎖 Escape』 五條 瑛
えっと…なんかいきなり新機能が追加されてて、これまで使ってた機能(オススメ商品の紹介←本の紹介記事に使ってました)がなくなってた…あせあせ
で、新機能としてレビューを書く専用ページが出来てびっくり。
どんな記事になるんだろー?


てことで、気を取り直して五條瑛さんの<革命小説>シリーズ第一弾です。
『プラチナ・ビーズ』なんかでちょろちょろと登場したサーシャが核となったお話。

密航者の密入国の手配をしている下請け会社で働いている亮司。
営業という名目でこまめにご機嫌伺いをして、お年寄りからパスポートを取るための書類を借りてくるのが亮司の主な仕事だった。あとは密入国者に日本語を教えている「学校」での手伝いと、彼らの格好を見繕い、日本人に見えるようにすること。
けれどそんな日常は、学校が何者かに襲撃されたことで一変した。
逃げ隠れるように生活していたところで出会った一人の男、サーシャ。誘われるまま、亮司はサーシャの話に乗ってしまい…。



密航者を受け入れる側と、密航してきた人たち、そしてそれに絡む金儲けという欲。
日本と言う国の危機管理能力の皆無さ、そして甘さを痛烈に指摘しながら、着々と密航してくる人々。

どこにどんな協力者がいるのか。
彼らは犯罪に加担しているという意識もなく、小遣い稼ぎに情報や書類を流す。

亮司もそんな人間の1人で、あまり深く考えずに崔の会社で働いていた。
そこへ現れた1人の男、サーシャ。
最初は相手にしてなかったんだけど、「学校」が襲撃され仲間が殺され、襲撃者の手が亮司にまで伸び始めて…最後に頼れるのはサーシャだけになってしまった亮司。
サーシャってばほとんど登場しないのに、この存在感はなんなんだ…。
しかも良い男なんだよなぁ…。

両親を憎み殺したいとまで願い、密入国の手助けもしている。そんな亮司が、どうしても守りたい。どうにかして願いを叶えてやりたいと他人の為に必死に奔走して、騙されたり痛めつけられたりしながらも、立ち上がって前を向いて歩いていく姿が良かった〜。
少しずつ成長していく姿が、カッコイイ。

そしてサーシャの「革命を起こさないか、この国に」という言葉!

1巻目はまだ始まったばかり。
これから亮司とサーシャがどう動いていくのか。
そしてどう革命を起こしていくのか。
楽しみ!!
| マメリ | 五條瑛 | comments(0) | trackbacks(0) |
『スリー・アゲーツ 三つの瑪瑙』 五條 瑛
スリー・アゲーツ―三つの瑪瑙
スリー・アゲーツ―三つの瑪瑙
五條 瑛


五條瑛さんの本は好きなので、手に取るだけでドキドキします。
読み始めると、もっとドキドキするんだけど。

スーパーKと呼ばれる北朝鮮製の偽造ドル札の工作に関わっていると目されている男・チョンを捕まえるために、ある作戦が実行された。
しかし作戦はどこからか漏れ、チョンは逃亡。実行部隊は情報部社員などが射殺されるという失態に終わった。

葉山隆は表向きは極東ジャーナルという出版社だが、本質はアメリカに本籍を置く特殊な会社に席を置く情報分析者。
そんな葉山の下にやってきた仕事はチョンの残した文書を解読しろというもの。

その文書から浮かび上がってきた、チョンという男の工作員とは違うもう1つの姿。
妻を愛し、娘を愛する。
妻の身を案じ、息子の身を案じる。

チョンを捕らえるために動く葉山たちと、なにかを実行しようと動き回るチョンとその仲間…。



北朝鮮の工作員というと、いまは拉致関係の事が浮かんできちゃいますが…
今回のは、偽ドル札関連の工作員のお話。

テレビでもよく言われているけど、日本の危機管理能力のなさ、見通しが甘く思いつきとしか思えない対策、無意識下における差別意識、そしてそれらが表面化してきたときの醜さ…アメリカが抱える偽ドル問題などを絡めつつ、話は進んでいきます。

今、読み終わった直後で頭がボーっとしてるので、覚えてたら明日にでも感想書きます(^_^;)

面白かったープシュー
| マメリ | 五條瑛 | comments(2) | trackbacks(1) |
『君の夢はもう見ない』 五條 瑛
君の夢はもう見ない
君の夢はもう見ない
五條 瑛

かつてアメリカの情報機関で働いていた仲上。
冷戦後、情勢は大きく変わり、その世界から足を洗ったはずの仲上の下に過去をよみがえらせるかのように情報通からの手紙が届いた。
そしてかつての仲間ラウル・ホウが、そこかしこで自分の名を吹聴しているといううわさが届く。


“メールマン”仲上の目を通して国と人とのあり方を問う連作短編集です。
日常のふとした出来事や人情話だったり。けれどそこには情報通の息がかかっているものもあり、ひっそりと過去が絡み付いている。そしてラウル・ホウも。

あまりに淡々と進むので、ラウル・ホウはどうするつもりなんだろう?
仲上は、ラウル・ホウの予言どおりになっちゃうのかな?と少し不安に思いながら読み進めました。

諜報や社会情勢という、五條さんお得意の内容。こういう言葉が出てくる話が苦手な人でも楽しめるんじゃないかな。スパイであったことは過去として扱われてるので、奥深くまで語られてないし。
私は大好きです。
五條さんの作品に出てくる人たちは皆、どこかしらに熱を持ってて、たとえ「その熱はもうなくなった」言ったとしていても、彼らはやっぱり苛烈な炎を身の内に持っています。
だから五條さんの作品はいつも熱くて、でもどっしりしてて・・重みがあります。

「プラチナ・ビーズ」シリーズを読んだ後の方がより楽しめるかもと思った本。
でもこれだけでも充分楽しかったです。
プラチナ・ビーズシリーズを読んだ後だと、葉山やエディの事がわかるので、名前が出てきた時ににやっとしてしまいました(^^;
| マメリ | 五條瑛 | comments(2) | trackbacks(1) |