お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『十一月の扉』 高楼 方子
十一月の扉
十一月の扉
高楼 方子

ふと覗いた双眼鏡の中に映った、素敵な洋館。
赤茶色の屋根の白い洋館がどうしても気になって、爽子は自転車に飛び乗った。

それが、十一月荘と爽子の出会いだった。

2学期が終わるまでのたった2ヶ月間だけれど、十一月荘に下宿することになった爽子と、爽子の書く「ドードー森の物語」、十一月荘の主・閑さんや住人の苑子さん、馥子さんと娘のるみちゃん、そして素敵な周囲の人々との物語。


素敵なお話でしたぴかぴか

中学2年生の爽子の日々を楽しむ、けれどこれから先環境が変わってこの幸せな時間がなくなってしまうことへの不安、気になる男の子へのドキドキした気持ち、母親に抱いてしまう反発と反省…そんな要素が沢山詰まった、とても優しくて丁寧で…心がほわっとなれるお話。

ゆっくりと大人への階段を上がっていく爽子。
私達が忘れていた、もしくは経験しそこなった伸びやかに、楽しく生きるという生き方を見せてくれました。

これからでも遅くない。
きっと、未来もすてきだから。
| マメリ | 高楼方子 | comments(6) | trackbacks(1) |