お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『ひまわり探偵局』 濱岡 稔
ひまわり探偵局
ひまわり探偵局
濱岡 稔

見た目の第一印象は「なんか丸い」、お菓子作りが好きで紅茶を入れるのがめちゃくちゃ上手な先生・陽向万象(ひなた まんぞう)と、先生のおしゃべりやくだらないジョークに、カレーな突っ込みを入れられる。20代にしてすっかりオヤジ化しちゃったミラクル探偵助手の「さんきち」さん。

『しゃべくり探偵』と似たような感じで、こちらも言葉のお遊びがとても楽しい本でした。

雇い主を、夫を、友人を亡くした人たちが抱える、行き場のない思い。残された手紙の秘密とか、本なんて読まない人だったのに、なぜか大切そうに本を1冊持っていた。その本の意味とか・・・。
故人達の軌跡をたどり、残された彼らの心に幸せな笑みを取り戻す。
とても切ない、でもほんわか心温まるお話ばかり。

ヴァン・ダインをしらなければその先に行き着けなかったり、ちょっと不親切なところがあったりするんですけど、私は好きです♪
雰囲気も優しくていい。

読んでて笑っちゃったのは、さんきちさんが「ぎゃぼっ?!」って奇声を発しちゃった時。ぎゃぼって・・・あのぎゃぼ?(笑)たぶん、きっとそうだ。

どうでもいい事だけど、この本の内容と私のブログタイトルが、かぶるんですよね…。
なんだか私って実はこの作品のすっごい大ファンで、こんなブログタイトルつけちゃったハートって感じですけど、この本が出版されたのは2006年9月。
私のほうが古い!ってことでよろしく(笑)



ところで皆様はクリスチーネ剛田さんという漫画家はご存知ですか?
きっと、一度はどこかで耳にしたことがあるんじゃないかと思うくらい、有名な方なんですが……。

答えは『ひまわり探偵局』の中に…ハート
| マメリ | 濱岡稔 | comments(4) | trackbacks(0) |