お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
オススメ雑誌
雑誌というと普段はファッション誌ばかりで、それも休憩中の時間つぶしに買うくらいなんですが、先月・今月と個人的にツボで大切に繰り返し眺めたい、読みたいって雑誌が2冊発売されました。
今でも店頭に積まれてると思いますが、こちら。

TRANSIT(トランジット) 2号 ~南米特集 美しきアンデス越えて (講談社MOOK)
TRANSIT(トランジット) 2号 ~南米特集 美しきアンデス越えて (講談社MOOK)

フィガロボヤージュ メキシコ (HC-ムック)
フィガロボヤージュ メキシコ (HC-ムック)

とくに『TRANSIT』は読み応えもあるし、写真集として眺めても飽きない。
ま、個人的に中南米が好きってのもあるんですが。とくにアンデス地方が大好き。
『TRANSIT 02』はアンデスを中心に、風土や文化・歴史を、たくさんの写真と面白おかしく時に真面目な文章で紹介してくれてます。
約180ページあって、ほとんどがカラー。しかも紙も分厚く上質。
これを見てると、ますます行きたい病が・・・。

対する『FIGARO voyage』の方は、観光に行ってのショッピングをメインとした雑誌。
どこどこにこんなお店があって、こんなものを売ってる、とか。
ほかに工房や特産品などの紹介もあります。
この雑誌も、写真が可愛い。
メキシコらしいカラフルさ、いたる所に散りばめられたメキシコタイルが可愛いこと可愛いこと。
やっぱり好きだなーと思った。

『TRANSIT』の3号はイベリアらしいです。イベリアも楽しそう。12月初旬発売予定だそうで、今から楽しみ♪
| マメリ | 本のあれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
yom yom (ヨムヨム) 2008年 03月号 が出たー!!
『十二国記』というお話をご存知でしょうか?

小野不由美さんが書かれた十二国記。
イラスト付きのホワイトハート講談社X(エックス)文庫版と、ホワイトハート版と比べると平仮名が漢字になってたりイラストがなかったり、という違いがある講談社文庫版が出てます。(ちなみに私は両方持ってます・笑)
そんな十二国記の待ちに待った新作が、「yom yom3月号」に掲載されてるんです!

待ってた!待ってたよ小野主上!!
もう大興奮!嬉しいよぅ。
十二国記新作『丕緒の鳥』、とても良かったです。
陽子がちょこっとだけど登場していたのも嬉しかった。
何回も読み返しちゃいました。
あぁ新作だ…。
yom yomの表紙見ただけでも幸せな気分になれるv

これの前に発表された短編『冬栄』はたしか私が大学生の頃だった…。
あれからもう何年経ったのか…。
『冬栄』のときは講談社のIN☆POCKETという小さな雑誌だったんですが、『冬栄』を絶対に入手するために定期購読の申し込みまでしたよ…。
それっくらい、大好きなシリーズです。

『冬栄』が発表された後に新刊の『華胥の幽夢』が発売となったので、もしかして今後新刊が…?なんて夢を抱いてしまいますが。夢のまた夢かな?
でもいつの日か、新刊を手に出来る日を夢見てます。

はじめて十二国記シリーズに出会ったのは中学生の頃。
あれからもう十数年が経っているのに、いまだ冷めないこの愛。
ここまでくるともう、冷める日なんて来ないと思う。

新作読んで十二国記熱が異常なほど燃え上がってしまったので、ここんとこ毎晩、十二国記シリーズの既刊を読み返してます。
はープシュー好きすぎて困るわ。
JUGEMテーマ:読書
| マメリ | 本のあれこれ | comments(6) | trackbacks(0) |
『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』
読みましたー!!
日本推理作家協会監修のこち亀です♪
higeruさんのブログでこの本を見て、これは読まねば!!と急いで購入♪
なんたって京極さんや今野さん、柴田せんせ、東野さんなどなど…執筆陣が超豪華!!

あっという間に読み終わっちゃう本だけど、とても楽しかったです。
私は大満足〜♪

この本は、大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾の超豪華執筆陣によるこち亀本。

大沢さんの場合は新宿鮫シリーズの登場人物と両津勘吉のからむお話だし、柴田せんせはハナちゃんと両津の絡むお話、京極さんにいたっては、あの人!!京極堂シリーズのあのお人が出てくる!!お話。
今野さんや東野さんは先生方のもちキャラは登場しないんだけど、1つの世界が出来上がっていてさすがだなぁって短編でした。
東野さんの作品なんて、こんな話がじっさいに漫画でありそう!てくらい、こち亀の世界でした。

そしていろんな人がすでに書いてるけど、今野さんのお話…良かったですね〜。
定年退職した男性が両さんの作ったプラモを目標に、昔を思い出しながらプラモ作成をするお話なんですけど…しみじみ読んじゃいました。

久々に今野さんの本を読み返したくなった〜!
今野さんというと私はSTシリーズが好きですvキャラモノ小説と言ってもいいかもしれないけど、読みやすいし楽しい。
「僕、もう帰っていい?」が口癖の青山や、現職の僧侶、殺人現場に赴くとお経を唱える山吹とかサムライこと黒崎とか…これぜんぶ、科捜研のメンバー(笑)

あ、こんなの書いてたらどんどん読みたくなってきた…。
いま京極さんの『前巷説百物語』を読んでるんですけど、これを読んでると巷説百物語シリーズを再読したくなるなぁ…なんて思ってたんだけど、うーん、STも再読したい…。

今月は再読月間かな・・・!!(*^_^*)

あ!!唐突に思い出した!!
STシリーズの3作目、『黒いモスクワ』が見つからなくて探してたんだった…!!(何年前の話だろ…下向き下向き)
忘れてたー!!文庫化してるし、本屋さんにあるかなぁ。でもノベルスで集めてるのに、『黒いモスクワ』だけ文庫ってのも嫌だなぁ…あせあせ
| マメリ | 本のあれこれ | comments(15) | trackbacks(8) |
スカジャン☆
ここんとこ書くことがないので、ちょっとサボりがちになるかも…。

昼過ぎに起き出して、友達の絵を見に行って、ふと画廊でコーヒーを飲みながら外に目をやると目の前には同人誌などの専門店…?ちがうかな?でもそっち系の「とらの穴」とかいうお店が。
ぼーっと眺めてると、大きなリュックを背負った人や、きょろきょろしながら店内に入っていく人や…いろんな人が居て、ついつい人間観察をしてしまいました。

でもって、その隣にはペットショップがあって、ここには看板犬としてウイペット(名前はパトラッシュだったかな?パンちゃん?)が居るんですよ〜♪
とっても人懐っこくて可愛い♪
ということで、パンちゃんに会いにペットショップへ行ってみると、パンちゃん、暖かそうな服を着てました。

お!良いの着てんじゃん!
となでくりしつつ、三太にも何か新しい服が欲しい…と思ってしまった私。
そうなると止まらない(^_^;)
カタログ見比べながら、あったかフリースのスカジャンを頼んでみた!でも今は仮注文。家に帰って、首周り胴回りの採寸をして、正確な数字を出してからサイズを決めることにしました♪

家で採寸の間、なんと三太は良い子にもじっとしててくれた・・・!!
可愛い・・・ラブ
こんな些細なことでも可愛い…なんて良い子なんだと、じーんとしてしまう(^_^;)親ばかあせあせ
あーでも早くスカジャン届かないかな♪着せるのが楽しみ♪
その前に明日、注文しに行かなきゃ!

しかし犬の服は高いね…。


読んだ本。時間があるときにでも、単独記事に書き替えます・・・。


炎都―City Inferno
炎都―City Inferno
柴田 よしき

こういうお話も書かれてたんですね!怨念(というか過去の男への未練?)をもった妖怪が現代で大暴れ。京都の町はどうなっちゃうのか、連れ去られちゃった君之さんはどうなっちゃうの?と気になりました。
| マメリ | 本のあれこれ | comments(4) | trackbacks(0) |
ボーイズラブなるもの
今日はTのハワイ挙式へ一緒に行く方との顔合わせと、ちょっとした打ち合わせもかねて飲みに行ってきました。
昼過ぎに家を出たときは暖かかったのに、夕方になるとほんっと冷えて・・・分厚いニットカーディガンを着てたのに寒かったです。・・・まあニットは風を通すので、外では寒いですよね・・・。
お金はかかるけど、ハワイは楽しみ〜♪

それはそうと、今日はバスの中で三浦しをんさんの新刊エッセイ『シュミじゃないんだ』を読んでました。
これは、ボーイズラブを読むことがシュミどころか日常の一部となっている三浦しをんさんの愛の溢れたエッセイ集。
ちょろちょろと読み進めていこうかなぁって思ってるんですけど、ふと自分の本棚を振り返ってみると…あー…私もけっこうそういう本もってるわ…って事を発見。

エッセイのしょっぱなに出てくるT村K氏の「G田刑事シリーズ」。私も好き。
まだシリーズ既刊を読破してないけど、いずれは買う予定。
このG田シリーズは、わたしもG田と義兄はあやしい・・・と常々思ってました。
てか、この本を読んだら思うって!!

だってG田はすでに離婚してるのに、義兄とは付き合いが続いてて、しかも義兄はG田の服のアイロンかけをしたり掃除をしたり…まめまめしいし、要所要所で出てきては、G田を支えてるんですよ。じつに深く。
これはもう、男の友情なんて域をこえてるよね?と思わずにはいられない。そんなシリーズです。

そしてT村K氏の『わが手に拳銃を』は、友情の域こえてるよね?と疑問符を浮かべることさえ出来ないくらい、男と女以上に深いところで、ものすっごくしっかり結びついてると思う。
ちなみに、私は『李歐』も持ってる…(笑)『李歐』は『わが手に拳銃を』の文庫版です。ただし、かなり加筆修正されてます。『わが手に〜』を新たに書き直した…というのかな?読むなら『わが手に〜』を読んで『李歐』を読むことをオススメします。

T村K氏の作品は、あからさまにデキちゃってる〜って描写はなくて妄想させられるだけなんだけど・・・

柴田よしき先生の『聖なる黒夜』
聖なる黒夜
聖なる黒夜
柴田 よしき

これもつい最近、文庫版が出ました。ハードカバーでも持ってるけど、文庫も買っちゃった作品(笑)
簡単にいうと、冤罪で人生を狂わされた青年(練)と、彼を逮捕してしまった元刑事(麻生さん)のお話。そして、苦しいまでの恋愛小説でもあると思います。

練を現実にとどめておけるのは麻生さんだけだと思うし、麻生さんを支えてるのも実は練の存在だと思う。
練と麻生さんの出てくるお話はRIKOシリーズ(2人とも)や、花ちゃんシリーズ(練だけ)があります。
じつは花ちゃんシリーズはまだ読破してなかったり(笑)
『聖なる黒夜』はRIKOシリーズを読んでから読んで欲しい作品です・・・。
この2人は、関係を持ってます。その場面の描写も出てきます。
そして文庫版の解説は三浦しをんさんです(笑)

こういう系統の本、漫画なら『アーシアン』や『源氏』(高河ゆん)、『天上の愛 地上の恋』(加藤知子)、そして沖麻実也さんの本かな。
さがせばまだ持ってるかも。

というわけで、結構持ってるんですよね・・・。驚きだわ。あまり気にしてなかった。

飲みに行く前にパン教室に行ってきました。
今日はYのクリームパン。次で基礎卒業です。
20061117_206009.jpg
上にトッピングするアーモンドスライスは絶対に花をかたどりたかったので、出来て大満足♪
アーモンドスライスでお花っていうのは、以前クリームパンを作った方がやってたのをみて、私も絶対真似っ子する!!って決めてたんです。


| マメリ | 本のあれこれ | comments(20) | trackbacks(1) |
表紙重視?それとも内容重視?
月末も近づいてきて、お金がなくてキュウキュウしてます。
そんな時に限ってバスカードとか使い終わっちゃうもので、5000円のカードを買ってきました。
痛い出費・・・。

それなのに、今日も今日とて本屋さんに寄って本の物色を・・・。これはもう、やめられませんねあせあせ本の為なら、どこからかお金をひねり出してしまう・・・。

今日はどうしても欲しい本があって本屋さんに行ったんだけど、まだ広島の書店には並んでませんでした。この週末もきっと、本屋さんを覗きに行くことでしょう。


それはさておき、うちの店が入ってるショッピングモールも季刊誌を発行してます。今日仕事に行くと、その季刊誌の次号にむけての、モールから各店への要望が書かれた企画書が届いていたので目を通していたのですけど・・・本屋さんへの要望の欄を読んで目が点!

クリスマス気分を盛り上げる本をってあったんだけど、その下に「※」で
※内容よりも表紙が「赤」「緑」「白」のクリスマスカラーの本を紹介させて・・・・
って書いてあったんです。

内容よりも表紙?!え?!普通、内容じゃないっけ?!
本屋さんも考えて提出するだろうけど・・・もし表紙が赤で、中身が花見とかだったらどうするんだろう・・・。
そりゃ私もジャケ買いとかします。けどそれとこれとはちょっと違いますよね・・・。
表紙だけでクリスマス気分を〜ってのは、本好きとしてちょっとイヤだなぁ・・・と思った出来事でした。

本屋さんがどんな本を提案するのか・・・ちょっと楽しみです。
| マメリ | 本のあれこれ | comments(4) | trackbacks(0) |
本の事
最近、まったく本の事を書いてませんでした。

欲しいんだけど、後回しにしちゃう本ってありませんか?
私はあります。大量に。

例を挙げると江國香織さんの『間宮兄弟』、劇団ひとりの『陰日向に咲く』、宮部みゆきさんの『ドリームバスター』とか。

そしてなにより!!『ダ・ヴィンチ・コード』も!!

自分でも何でかわかんないけど、購買に踏み切れないんです。
『ダ・ヴィンチ・コード』は文庫になるのを心待ちにしてたのに、いざ文庫になるといつでも読めるって感じで安心しちゃったのでしょうか・・・。後回しになってます・・・。うぅ〜ん困惑

お給料も入ったし、今日は平日で手数料かからずやっとお金がおろせるので(手数料をケチってしまった私は、お給料日を忘れててそのまま土日に突入しちゃったので、お金がおろせなかったのです…^^;)、今日こそは買いに行こうかな・・・。

今日は最近HNを変えた元tamakoとご飯を食べに行ってきますビール
tamakoと会った時に大荷物抱えてたら笑って下さい・・・。
ビームスにも行きたいんだよね・・・。Tシャツが欲しい。
| マメリ | 本のあれこれ | comments(2) | trackbacks(0) |