お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『ワイルド・ソウル』 垣根 涼介
ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
ワイルド・ソウル〈上〉 (幻冬舎文庫)
垣根 涼介

ワイルド・ソウル〈下〉 (幻冬舎文庫)
ワイルド・ソウル〈下〉 (幻冬舎文庫)
垣根 涼介


一九六一年、衛藤一家は希望を胸にアマゾンへ渡った。しかし、彼らがその大地に降り立った時、夢にまで見た楽園はどこにもなかった。戦後最大級の愚政“棄民政策”。その四十数年後、三人の男が東京にいた。衛藤の息子ケイ、松尾、山本―彼らの周到な計画は、テレビ局記者の貴子をも巻き込み、歴史の闇に葬られた過去の扉をこじ開けようとする。 <「BOOK」データベースより>


垣根さんといえば!という代表作を読んでませんでした。
『ワイルド・ソウル』、文庫で上下2冊。

戦後の移民政策で、南米ブラジルのアマゾン奥地に渡った日本人の姿を書いたお話。
移民船で渡った先には家も畑もなく、原始人のような暮らしを余儀なくされた人々。アメーバ赤痢やマラリアによって苦しみながら死んでゆく家族、また発狂し死んでゆく人々を見ながら、日本の外務省を怨嗟憎した過去。
40年後。日系ブラジル人のケイ達は、日本で平穏に暮らす外務省の元役人達に、過去を思い出せ、苦しみを思い知れと復讐に立ち上がる。

とても面白かったです。
面白いといって良いのか…。移民船の事は知っていましたが、実情は知りませんでした。苦労をした〜とか、そういう話は聞いたことがありましたが、まさかここまでだったとは。
わたしたち読者に知らなかった過去を突きつけ、昔だけでなく今の日本政治のありようをこれで良いのかと問いかける作品でもあります。

上巻の大部分は、アマゾン奥地においていかれてしまった衛藤たちの、必死に生き抜こうとする様子、どうやって生き延びてきたかが丁寧に書かれています。
後半から下巻にかけては衛藤の義理の息子ケイが日本にやってきて、復讐のための準備〜実行、その後の彼らの様子が主な内容。

前半部分の衛藤たちのアマゾンでの生活場面は、描写が細かく、迫ってくるようなリアリティがあるので、読んでいて苦しかったです。

エルレインとの出会い、ケイとの出会い、そして別れ…。
幸せな時でも消して忘れることの出来なかった、アマゾンでの生活。
結局くすぶり続けた小さな火が、勢いを吹き返す…。

後半の展開はハラハラドキドキの連続。そして計画が成功した時の爽快感。
最後まで勢い衰えることなく、とても楽しく読めました。

南米はとても好きなところですが、まだまだ知らないことがたくさんあるなぁと実感。
| マメリ | 垣根涼介 | comments(0) | trackbacks(0) |
『借金取りの王子』 垣根 涼介
村上真介はリストラを請負う会社に勤めるサラリーマン。昨日はデパート、今日はサラ金、明日は生保に乗り込んで、泣かれたり、殴られたり。相性バッチリの恋人陽子は恐ろしく気の強い女で、すんなり結婚とはいかないし、真介の前には難題山積み。だけど明日は来る――。他人事でないリストラ話に思わず涙。働く人必読の面白小説! <Amazon 出版社 / 著者からの内容紹介>


『君たちに明日はない』に続く村上真介のシリーズ第二弾。
面白かったです!
リストラ請負会社が舞台なので、常にリストラされる立場の人も出てくるんですよね。その人たちの心情なんかを考えると無邪気に面白いなんて言ってられないんだけど…でも面白かった。
前作とはちょっと雰囲気違ったのかな?なんかいい人が多かった気がする。

真介と陽子の仲も気になるけど、今回は各話で登場したリストラ対象者のそれぞれの内情や気持ちが切々としていてとても良かった。
仕事に対する姿勢や、大切に思うからこそ出てこない言葉だとか。
とくに「借金取りの王子」では泣きそうになっちゃった。

頑張っても伸び悩み、でも踏ん張るしかなくて…辛いけど泣き言なんていってられない。
部下を大切にして、仕事も一生懸命やって、奥さんをとても大切に想っている王子の落胆がすごく痛かったです。
どうにもならないことってあるけど…これは切ない…。

最後のお話では陽子がまさかの××?!と不安になったけど、どうにか落ち着いてくれたのでほっとして本を閉じれた。
陽子さん、お願いだからこのまま落ち着いてて…と祈ってしまうのは、あの人が魅力的な人だとわかってるから…かな…。
JUGEMテーマ:読書


| マメリ | 垣根涼介 | comments(6) | trackbacks(4) |
『ヒート アイランド』 垣根 涼介
渋谷でファイトパーティーを開き、トップにのし上がったストリートギャング雅。頭のアキとカオルは、仲間が持ち帰った大金を見て驚愕する。それはヤクザが経営する非合法カジノから、裏金強奪のプロフェッショナルの男たちが強奪した金だった。少年たちと強奪犯との息詰まる攻防を描いた傑作ミステリー。<Amazon「BOOK」データベースより>


これまで読んだ垣根さんの作品は2つ。その2つともがどうやら垣根作品の中では異色作だったようで…いったいどんな作品を描く人なのかな?ということで、有名な垣根作品購入。

面白かったです。
まず登場人物たち。
朴訥としたところのある、けどとにかく強いアキ。けんかは弱いけど頭は回るカオル。そして冷静な面をもつユーイチ、ユーイチと同じく慎重派に属するドレッドヘアのナオ。ちょっと考えなしなタケシ、タケシといつもつるんでいるサトル。
アキとカオルというカリスマがいて、その下に4人のサブリーダー的存在がいる。こんがらがるような図式とかなかったので、頭に入りやすかった。しかもそれぞれに個性があって区別もつきやすかったです。

金を取り戻そうとする男達や、そのお金を作り出したカジノバーの元締めやくざが出てきたり、アキたちのファイトパーティの利益に目をつけ、それを横取りしようとするやくざがでてきたり…。
どうやって切り抜けるか。
アキたちのヘタすると命をかけなきゃいけない戦いが、スリルがあって楽しかったです。

アキとカオルが次々と打ち出してくる策がなによりドキドキでした。
思わず笑ってしまったのは、井草の「代行、喜んでください!」という言葉。
あまりの嬉しさにとっさに出てしまったんだろうけど、ちょっと可愛く思えて笑ってしまった。
大満足です☆

ちなみにいま、『ワイルド・ソウル』『ギャングスター・レッスン』『借金取りの王子』は書店にてお取り寄せしてもらってるとこです。
他にもいろいろ頼んでて、それらが全部そろったら連絡が来るようになってます。1週間くらいかかるらしい。ちょうど3月になったくらいかな?楽しみ〜♪
JUGEMテーマ:読書

| マメリ | 垣根涼介 | comments(0) | trackbacks(0) |
『真夏の島に咲く花は』 垣根 涼介
垣根 涼介
講談社
¥ 1,785
(2006-10-13)
Amazonランキング: 14457位
この島には、今までの人生で知らなかったものが、絶対にある―。2000年のフィジークーデターで人種の違う四人の若者は、何を見つけたのか。日本から両親と移住してきた良昭、ガソリンスタンドで働くフィジアン・チョネ、父のお土産物屋を手伝うインド人・サティー、ワーキング・ビザでフィジーに来た茜。「地上の楽園」を探し始めた男女の青春群像。<Amazon「BOOK」データベースより>


スバで起こったクーデター。それがナンディ・タウンにいるヨシやチョネ達とどう関係してくるのかと思っていたら、まさかの展開。
私はてっきり、人質として囚われて〜という展開が待っているのかと思っていたんだけど、全然違いましたね(笑)

フィジーに移住した日系フィジアンのヨシと、インド系フィジアンのサティー、そして生粋のフィジアンであるチョネ。三角関係がありつつ…民族問題をからめ歴史問題もからめ政治問題もからめ…読んでるとニュージーランドを思い出しました。
ニュージーランドも先住民族と移住してきたイギリス系NZがいるし、インドや中国からの移民も多い。フィジアンとマオリでは全然違うんだろうけど…どこか読んでいてかぶるような気がしました…。

クーデターが起こり人質をとられてしまった場合、どうやって人命を救助をするか。武装集団を刺激しないようにしなきゃいけないし、かといって要求を丸呑みにすることも出来ないし…。
事件がなんとか終結してもめでたしめでたしでは終わらず、そこからの展開にも驚きました。
なんでこんなこと考えるんだろう、なんで実行に移そうと思うんだよ、と思いつつ…でも彼らがこんな行動をおこすことも不思議ではないのかもしれない・・・。

なに書きたいのかわかんなくなってきたけど、楽しく読みました!てことです。

JUGEMテーマ:読書


| マメリ | 垣根涼介 | comments(4) | trackbacks(2) |
『君たちに明日はない』 垣根 涼介
垣根 涼介
新潮社
¥ 1,575
(2005-04-01)
Amazonランキング: 236789位
リストラを専門に請け負う会社に勤めている真介の仕事は、クビ切りの面接官。昨日はメーカー、今日は銀行、女の子に泣かれ、中年男には殴られる。はっきり言ってエグイ仕事だ。それでもやりがいはあるし、心も身体も相性バッチリの恋人もいる。そして明日は…?笑って唸って泣かされる、女と男の危ういドラマ。<Amazon「BOOK」データベースより>


垣根さん、初読みです。
ミステリーカレッジ以降、ずーっと読んでみたいなぁと思ってました。
いやもう、面白かったです。
休憩中もさっさとお弁当を食べて読みふけったほど。
一気読みでした。

主人公の職業がリストラ請負人ということで、いったいどんな嫌味な奴がでてくるのか…って思ってたら、なんかカッコイイし…。
自分の仕事に手を抜かない。仕事も頑張れば、プライベートでも相手から見えないところで実は必死になってる…とか、好感が持てました。
良い格好しぃだけど、ちょっと子どもっぽいところもあったり。

自己都合退職をすすめる場面が多いのに、勢いがあって、どこか明るい。暗い雰囲気にならないのは凄いなぁと思いました。
美代ちゃんも可愛い。
なんで契約更新に応じたのか、という真介の問いに考え込むことなく「わたし、この仕事、なんとなく好きです」と答えた美代ちゃん。
真介が誠意を持って仕事してきたから、美代ちゃんだって嫌な気分になるだけでなく、達成感もあればいろいろ勉強になることもあったのだろう。
何も考えていないようで、ちゃんと見ていた(本能で感じとっていた?笑)美代ちゃんには、後半部分からかなり高感度アップ。

5つの章立ての中で、真介は5タイプの職場に赴く。
その中には同級生がいたり、面接後じつは口説いちゃう女性がいたり…真介のプライベート面も楽しかったです。
続編も出てるみたいなので、今度買ってこようと思います。

最後に出てきた女性は真介の前の彼女…?
JUGEMテーマ:読書


| マメリ | 垣根涼介 | comments(8) | trackbacks(3) |