お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< カフェオレパン | main | 高くいくか、安くいくか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『十一月の扉』 高楼 方子
十一月の扉
十一月の扉
高楼 方子

ふと覗いた双眼鏡の中に映った、素敵な洋館。
赤茶色の屋根の白い洋館がどうしても気になって、爽子は自転車に飛び乗った。

それが、十一月荘と爽子の出会いだった。

2学期が終わるまでのたった2ヶ月間だけれど、十一月荘に下宿することになった爽子と、爽子の書く「ドードー森の物語」、十一月荘の主・閑さんや住人の苑子さん、馥子さんと娘のるみちゃん、そして素敵な周囲の人々との物語。


素敵なお話でしたぴかぴか

中学2年生の爽子の日々を楽しむ、けれどこれから先環境が変わってこの幸せな時間がなくなってしまうことへの不安、気になる男の子へのドキドキした気持ち、母親に抱いてしまう反発と反省…そんな要素が沢山詰まった、とても優しくて丁寧で…心がほわっとなれるお話。

ゆっくりと大人への階段を上がっていく爽子。
私達が忘れていた、もしくは経験しそこなった伸びやかに、楽しく生きるという生き方を見せてくれました。

これからでも遅くない。
きっと、未来もすてきだから。
| マメリ | 高楼方子 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
なつ (2006/11/22 11:43 AM)
こんにちは。
なんだかカバーだけ見ても和みますね♪
確かに中学の頃って、毎日がキラキラしていて
未来は楽しくて明るい、ステキなものだと信じて
疑わなかったような気がします。
大人になって、得るものも多い分、失ってゆくもの
もあり、それは「その頃」想像していなかったこと
で。
だけどこれからの未来もステキだと信じて、日々
過ごしていきたいですよね☆

マメリさんの読後の感想を読んで、私もこの本を
読んでみたくなりました。
私は「読後の感想」がほんっと苦手なので、
拝見すると、いつも頭が下がります!
イマイチ、頭の中で思っていることが収集つかない
んですよね〜。ダラダラ書き綴っちゃう・・・。
プリン (2006/11/22 7:38 PM)
素敵な表紙!
ずばりジャケ買いですか?マメリさん(笑)

11月に11月の本!
実は来年の一月から一冊ずつやろうと、秘かに暖めてた企画なんです(*^_^*)
11月には是非これを読もうっと♪ って一年も先ですね〜
鬼に笑われる(^_^;

マメリ (2006/11/23 1:57 AM)
>なつさん
表紙、素敵ですよね〜!
色が地味なので、本屋さんで平積みされててもちょっと埋もれちゃいがちでしたけど、実はとっても可愛い表紙w
表紙に描かれてる小さなどうぶつ達にも、みーんな意味があるんですよ〜♪
児童文学っぽいお話なんですけど、ほんと和みました。

私も感想とか、めっちゃ苦手ですよ!
できれば読み返したくない・・・。
楽しかった!だけじゃダメ?とか考えてます(笑)
マメリ (2006/11/23 2:04 AM)
>プリンさん
もちろん、ジャケ買いです!ふんっ!(笑)

素敵な表紙ですよね〜♪
まだまだ新刊のはずなのに、けっこう地味な色だし、下に描かれてる動物たちは帯に隠れちゃってるし…他の本の派手さに負けて、ちょっと目立ちにくい本でした。
でも見つけちゃうと、思わず手にとってしまう表紙・・・。
周りにおいてあった本達とは雰囲気も違ってて…可愛いんですよ(*^_^*)
中身も可愛いです(笑)

ぜひぜひ、この本は11月に読んでください♪
11月に読むと、きっと11月が楽しくなりますw
1年も先のことだけど…忘れないでね〜(>_<;)
苗坊 (2007/10/05 9:12 PM)
こんばんわ^^過去記事に失礼いたします。
TBさせていただきました。
私は単行本で読みました。高校生の時でした、確か。
素敵な作品ですよね。
私は先生にお会いした事があるんです^^
サインもらいました。
先生曰く、爽子のイメージと文庫の表紙の女の子のイメージはちょっと違うらしいです^^;
まあ、出来上がると可愛らしいですけどねっておっしゃっていました。
読み返したくなりました^^
マメリ (2007/10/06 1:48 AM)
>苗坊さん
こんばんわ☆
過去記事でも何でもオッケです!ありがとうございます〜♪

ええ!お会いして、サイン貰ったんですか?!
ううう羨ましいです!
まだこの作品しか読んだことないけど、作風がすっごく好きで気になってて。
いつも本屋さんに行ったら本棚チェックするんですけど…いつも品切れなんですよね〜…。取り寄せてもらうしかないみたいで…。
そっか、先生のイメージとは違うんですね。これはこれでとても可愛い女の子で私は好きです♪
先生の中の爽子のイメージ、どんなのなんだろうv
私も読み返したくなりました〜♪









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/274
十一月の扉 高楼方子
十一月の扉 爽子は小さな町に住む中学3年生。いつも弟が買った双眼鏡で近所を眺めている。 その中で初めて見る大きな家を見つけた。 爽子は自転車を走らせてその家を探した。そして、そこが「十一月荘」という名前である事を知る。 父親の都合で東京へ引っ越す事に
| 苗坊の読書日記 | 2007/10/05 9:09 PM |