お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< スカジャン!! | main | 『図書館危機』 有川 浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『図書館内乱』 有川 浩
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2006-09-11)
『図書館戦争』の続編です。

ビックリしたことに、第2弾の『図書館内乱』を読む前に第3弾の『図書館危機』が発売されちゃいました。

…『〜内乱』は発売されてすぐに買っていたっていうのに…あせあせ
新刊出るの、早いですね汗
…って違う。私が読むのが遅い&積読期間が長すぎあせあせ

ということで焦って読みました。
分厚いわりに1時間ちょいでスルッと読めるのがこのシリーズ。

今回は5つの短編から成っていて、柴崎や小牧、手塚といった主要人物たちにスポットを当てて人物像を掘り下げ、またバックボーンなんかも明かしていく形に。
あ、でも堂上教官のはなかったな…。なんでだろう?読みたかったんだけどな。ほら、身長が伸び悩んでる心の内とか…(かなり失礼)。
脇役じゃなくて主役の1人だからかなぁ?それとも次作以降でおいおい語られていくから?

なんであれ、今回もどったんばったん、いろいろと事件が起こり、ちょっとづつ成長する郁とともに話は進んでいって楽しかったです。
途中、砂川むかつくー!!きさま何やっとんじゃ!と熱くなったり、堂上教官と郁のやりとりにちょっと照れたり…(^_^;)

この勢いのまま『〜危機』も読もうということで、仕事帰りに買ってきました。明日は新刊の『図書館危機』を読みます♪
王子様の正体が堂上教官と知ってしまった郁。どうなるんだろー。
| マメリ | 有川浩 | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
藍色 (2007/04/19 5:09 PM)
こちらにも、お邪魔しますね。
前作に続き、パワフルでラブコメで楽しく読めました。
キャラクターの掘り下げでひとりひとりへの愛着がいっそう増してます。
次は堂上のエピソードかもですね。
とっても楽しみです。
マメリ (2007/04/21 6:41 PM)
>藍色さん
こんにちは☆
こちらもお返事が遅くなってすみません(>_<)

私は前作より、こっちの方が好きなんですよね〜♪
なんというか、キャラクターへの愛着感も湧いてきて、人間味も感じられるし…けど陰謀の臭いもぷんぷんしてて…。
堂上のエピソードとか、すっごい読んでみたいんですけど、いつか登場するかな…。
プリン (2007/04/30 6:12 PM)
読んだよー(^o^)/

うんうん、砂川むかつくねぇ。腹すわってないんなら余計なことすんなーって思った(笑)

わたしは次の『危機』を読むのは結構先になりそう…
図書館でかなり待ちが入ってたぁ…
絶対忘れられないラストでまあ良かったけど(^_^; ちょっとテンションは下がりそう?
マメリ (2007/05/01 1:07 AM)
>プリンさん
おーつかれ様です♪

本読んでるとたまに、何で私は本読みながら腹立てなきゃいけないんだ…とか思っちゃいます。
イライラしながら本読むとか…疲れるし!(笑)
でもそのイライラも読み終わると楽しかったな〜って気持ちに変わっちゃうんですよね〜。
それにしても砂川にはむかついたー(笑)

やっぱり図書館でも人気のシリーズなんだね。
待ちとかけっこう辛いよねぇ…。









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/347
図書館内乱 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。迎え撃つ図書館側にも不穏な動きがありや
| 粋な提案 | 2007/04/19 5:10 PM |
78:図書館内乱
有川 浩の図書館シリーズの二作目『図書館内乱』です 今回は『内乱』ということで、前回のような血が流れるような戦闘ではなく、どちらかというと、大人の世界というか、陰湿な情報戦が繰り広げられます。 情報操作 潜入捜査 スパイ養成 そして… ハニートラップ!?
| プリン@BOOK CAFE | 2007/04/30 6:18 PM |
図書館内乱
単行本でライトノベル風味、上手です。 自分は間違えて三巻目のこれから読んでしまったのですが、 短編集っぽいので十分ついていけました。むしろひっぱり込まれました。 軽快なやり取りに惹かれるし、思わず笑っちゃって楽しい〜。 あらすじはあえて書きません
| 本を読もう | 2007/05/10 7:55 AM |