お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『図書館内乱』 有川 浩 | main | 『私が殺した少女』 原 りょう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『図書館危機』 有川 浩
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-02)
昨日の内乱から続けて、『図書館戦争』シリーズ最新刊の『図書館危機』を読みました。
シリーズ物の3巻なので、あらすじは抜きで。
でもって、思いっきり感想文です(笑)

今回も短編集のような形でした。
☆毬江ちゃんが図書館で痴漢にあい、小牧さんが激怒する話
☆郁や手塚たちの昇任試験の話
☆折口さんの仕事の話
そしてこれまでの中で一番規模の大きな事件
☆郁の地元、茨城県で開催される県展の警備を巡る騒動
  ☆&後日談


休憩中に読んでる時は、まわりに誰もいないのでいくらでもにやけたり出来るんだけど…通勤中のバスの中で読んでるときは困った!!本を読んでニヤニヤしてるなんて、恥ずかすぎる!
けど、我慢出来ずににやついてしまうのがこのシリーズ…。

郁と堂上さんのやり取りに、
ぎゃー!!ひぃ〜!!きゃーーきゃーーきゃーー!
と赤面した顔を抑えて転げまわりたくなってしまう…。
もうほんと、ベタ甘。なになに?なんでこれでいまだ想い通じ合ってないの?見てるこっちのがこっぱずかしいよ〜(>_<)
でも、顔を覆った手のすき間からそーっと覗き見してしまいたい…。
そんな楽しさがあります…(笑)
一番照れたのは、堂上教官の「ぽん」。

く・・・・・・口に出すか!!と私の方が激しくテレてしまいました…。


この手の赤面モノはマンガでいうなら先日全10巻で完結した『ハツカレ』。←小説だけでなく漫画も大好きなのです…。
これは初めて彼氏が出来たチロと、同じくチロが初めての彼女の橋本くんの超!!ウブな恋愛モノ。2人がくっついたところから始まるんですけど、読んでるこっちにまで照れとドキドキが移ってしまうマンガです。うちの店の子に貸したら「読みふけってしまった。少女マンガー!って感じの胸キュン漫画ですね〜!」と言ってました(^_^;)

えーと、関係ないことなので話を元に戻して。
ちょっと空回り気味な元気すぎる郁と、その元気な郁にしょっちゅう撃沈させられてる堂上さんが、楽しい。大外刈り決めちゃうところとか、笑ってしまいました。

けど笑って照れて…だけではなくて、メディア良化委員会との激しい抗争や、玄田隊長の守るために立ちはだかる勇姿とか、行政派トップでもある彦江の、原則派と行政派両方を見据えての発言(最後のやつ)とか…他のもいろいろ、たっくさん読みどころはあります。
ページを繰る手が止まりませんでした。
あー、楽しかった。
はやく4巻が読みたいです。4巻で終わりって言うのが残念(/_;)
| マメリ | 有川浩 | comments(10) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
やぎっちょ (2007/02/14 2:50 AM)
こちらも記事に直リンク貼りました。

赤面小説なら最近読み終わったのですが、村山由佳さんの「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズがもうぐへへへなのですよー。どちらかというと男子向けかなぁという気もしますが。現在10巻まで出ているのでよろしければ★
マメリ (2007/02/15 10:08 PM)
>やぎっちょさん
コメントありがとうございます♪

『おいしい〜』はやぎっちょさんのブログを見ていてすごく気になってた作品です!
ぐへへへ、ですか〜(笑)何気にそういうの好きです(笑)10巻まで出てることにちょっとためらいがあったんですけど、ぐへへへ〜目当てに読んでみようかな…。
とりあえず1巻を古本屋さんで探してみます☆
lovebanana0329 (2007/02/15 10:56 PM)
マメリさん、遅ればせながらハワイを満喫できたようでよかったですね。私もやっぱりもう一度行きたい国です。
長男君ですが卒業旅行で男5人でタイに行くらしいです。
初海外でツアーじゃなくて個人。一人海外留学経験者がいますが、親としては心配・・・(^^;
卒業式前なので無事に帰ってきますようにと毎日祈りそうです。

マメリさん、この本も面白そうですね。しかし・・・単行本ね(^^;
単行本って高いものそうだけど、持ち歩くのや、寝転んで読む場合なんかには、重い・・・(^^;
メディアワークスって・・・あまり見ないなぁ〜
もし見つけれたら単行本でも買っちゃうかぁ(笑)
マメリ (2007/02/17 12:42 AM)
>lovebananaさん
こんばんわ〜☆

息子さんはタイに行かれるんですか?!
お気をつけて…あまり参考にはならないんですけど、私の友人もタイに個人旅行で行きました。楽しかったそうです♪タイに行くと、意外にも日本人旅行者が多いそうで…いろんな情報をもらえたと言ってましたよー☆
でもやっぱり初海外が個人ってのは不安ですね…。

この本、面白いですよ♪ライトノベルが単行本になった感じ。

確かに重いです。しかも分厚いんです。
でも短時間で読めちゃうんですよね〜。もっと字を小さくして行間をつめたら半分…まではいかないとしても、もっと薄くなったんじゃないかなって思うんですけどね〜。
いま大人気なんで、たぶんどこの本屋さんでも平積みにされてるかも☆メディアワークスはライトノベルとか沢山出してるとこです。わたしもここの本はあんまり買ってないので詳しくないんですけど(^^;)
藍色 (2007/04/22 10:58 AM)
こんにちは。
こちらにもコメント、TBありがとうございます。
うかがうのが遅くなってしまって、ごめんなさいね。
あわてられたでしょう。
これからまたうかがいますので、よろしくお願いしますね。

今回もしっかりベタ甘でしたね。ふたりの無自覚ぶり恐るべし、です(笑)。
勢いあまって大外刈り!笑いました〜。
そしていろんな問題の根の重さも深さもしっかり描かれていましたね。
次の巻、とっても楽しみです。

横レスですけど、メディアワークスが出してるライトノベルのレーベルは、電撃文庫です。
いろんなヒット作がありますけど、私が好きなのは、「キノの旅」です(「図書館戦争」に関連記事リンクあります)。よろしかったら読んでみてください。
で、図書館シリーズ文庫化したら、そのままライトノベルになるような気が…(笑)。
マメリ (2007/04/23 1:04 AM)
>藍色さん
こんばんわ☆

こちらこそ、コメント&TBありがとうございます♪

どんどんとベタ甘加速してってますよね。
読んでる私たちも、身悶えの頻度が増加の一途(笑)
なんなんだ、この話は〜!!(笑)

メディアワークスから出てるのが電撃文庫だったんですね。名前だけは聞いたことがあります。
『キノの旅』は読んだことないので、ちょっと興味あるかも。探してみますね〜!ブログやってると、これまで全く知らなかった作品にも出会えるし、楽しいですね〜♪←今更な感想…。
ありがとうございます!!
苗坊 (2007/05/12 3:27 AM)
こんばんわ〜^^
TBさせていただきました。
いや〜悶えますよね!ニヤニヤしちゃいますよね!
私は絶対に電車の中では読めません^^;
一人部屋で笑いながら読みます。
怪しい・・・
私は堂上さんファンなのでたまらないですよ!
ああ、私も頭撫でられたい〜
マメリ (2007/05/13 1:56 AM)
>苗坊さん
こんばんわ☆

TBありがとうございます♪
ほんと、この作品は悶えますよね〜!
転げまわりたくなるくらいです(笑)私もできることなら電車の中とかでは読みたくなかったんですけど…家まで我慢出来なかったんですよね…。
読み出したら止まらない、このシリーズは勢いもすごいですよね〜。

堂上さんファンですか〜!わたしも堂上さんすきだけど、それよりも最近は高巳にはまってしまって、空の中とか、クジラの彼を何回も読み返してニヤニヤしてます(^^;
らぶほん (2007/07/12 2:15 PM)
こんにちは。
硬軟取り混ぜた内容で100%満足しました。
私も「…ぽん」には悶絶しましたよ(笑。
次作にどんな結末が待っているのか、待ち遠しいですね。
マメリ (2007/07/13 11:59 PM)
>らぶほんさん
こんばんわ☆
コメントありがとうございます!旅行から帰ってきたら、こちらからもTBさせていただきますね〜♪
遅くなってしまいますが…。すみません(>_<)

「…ぽん」はヤバイですよね!(笑)
本を読んでてあれほど照れたのは初めてかもです…。
思い出してもちょっと照れてきちゃいます(笑)

次作が待ち遠しいですね。早く読みたいなぁ。









url: トラックバック機能は終了しました。
図書館危機 有川浩
図書館危機 ■やぎっちょ書評 なんで泣けるんだろう。 ドタバタなのに。メルヘンなのに。なのにどうしても泣けてしまうんですよ。 玄田の仁王立ちにも泣けたし、狙撃手進藤が被弾したのに手塚を信頼して囮になったりしたのもグッときた。戦闘というか、誇りや信頼を
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/14 2:48 AM |
「図書館危機」を読む
「図書館危機」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館危機なにはともあれ、玄田隊長!!今回は、コレにつきます。(-.-)中盤から後半にかけては、隊長のかっこよさはハンパないね。いや、ホント。心臓に悪いわ〜〜〜。折口さんに、あんまし心配かけんようにね。(^_^;)
| 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2007/02/14 11:52 PM |
図書館危機 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロ
| 粋な提案 | 2007/04/22 1:40 PM |
図書館危機
冒頭から、郁と一緒に涙を流したり、身悶えたり、憤ったり、小牧と一緒に上戸のツボを押されて笑ったり、身悶えたり、ときめいたり、心配したり、身悶えたり。 読むほうも非常に忙しい。表情を変えずにいられるものか。 図書隊を完全無欠な正義の味方にしてしまわ
| 本を読もう | 2007/05/09 9:15 AM |
図書館危機 有川浩
図書館危機 オススメ! 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!! 図書館は誰がために― 王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱! 玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法! ―そしてそして、山猿ヒロイン故郷へ帰る!?そこで郁を待ち受けていた
| 苗坊の読書日記 | 2007/05/12 3:25 AM |
98:図書館危機
おはようございます〜〜〜 今起きました。 今日は頭とおなか両方がいたくて、もう全身大わらわでぶっ倒れていました。。。 おでこと首の後ろに冷えピタ貼って、一方腰には温シップ。元気よく歩くと、どこかしらがベローンとはがれてしまうので、ロボットのようにぎ
| プリン@BOOK CAFE | 2007/06/11 11:03 PM |
図書館危機⇔有川浩
図書館危機 有川浩 ついに王子様の正体を知ってしまった郁。 悩んだすえに出した答は衝撃の「王子様卒業宣言!」 図書館は誰がために…揺るぎない決意を胸に、堂上斑は茨城県展警備へと向かう。 図書館の明日はどうなるのか! ランキングエントリー中!
| らぶほん−本に埋もれて | 2007/07/20 2:36 PM |
【図書館危機】 有川浩 著
「…手塚、うるさいから笠原さんどっか持ってって」 「持ってって」、表現ピッタリのお笑いシリーズ第3作スタート [:拍手:] 昇任試験では、手塚の弱点を見たり、オリジナリティ豊かな郁、やっぱりキレのある柴崎、みごと個性が絡み合っていく。 図書館は誰がた
| じゅずじの旦那 | 2007/09/11 11:07 PM |
読書:図書館危機(有川浩)
図書館危機(有川浩) 「あたし、王子様からは卒業します!」 郁が「王子様」で混乱してる間に周囲の環境は厳しさを増して・・・?!戦闘シーンは初めてだったのでなんか衝撃をうけました。 それにしてもよりによってこんなところで終わるなんて〜!!!次回刊
| 駒吉の日記 | 2007/10/06 10:22 PM |
図書館危機<有川浩>−(本:2007年154冊目)−
図書館危機 出版社: メディアワークス (2007/02) ISBN-10: 4840237743 評価:86点 前作のラストで、憧れの王子様が、上司の堂上であることを知ってしまった郁。 いったいどうなることかと思って読み始めたが、予想通り最初の話は王子様。 図書館での痴漢逮捕
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/12/15 2:06 PM |