お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『モモ』 ミヒャエル・エンデ | main | 『パイロットフィッシュ』 大崎 善生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『憑神』 浅田 次郎
妻夫木聡主演で映画化される(…された?もう公開されてるのかな?)浅田次郎著『憑神』でございます。
うーん、確かにこれは映像化すると楽しいかもしれない。


お話は、
婿入り先から追い出されて、職も失い…実家に出戻ったはいいが居場所がない。
寝付けぬ夜に軽く一杯やるお金すらあやうくて、老いた母にお金を渡される。
そんな時、屋台の主から神頼みをしてみてはどうかと持ちかけられた彦四郎。
その神頼みを、たまたま見つけた傾きかけた小さな祠にお願いしてみたらさあ大変。
そこは三巡神社で、出てきたのは貧乏神!
これ以上貧乏になりようがないのに、貧乏神の力は偉大で…
さあどうする彦四郎。

てな感じで始まります。

あらすじ見てもわかるけど、コメディ調で軽快に話が進んでいくのでとても読みやすかったです。
貧乏神と彦四郎のやり取りも楽しいし、彦四郎を取り巻く人々も楽しい。
蕎麦屋台の親父もいい味出してました。

彦四郎が真面目一本調子で、文武に秀でたいい子ちゃん。
ちょっと頭固いかな〜とも思うけど、その頭の固さが最後に生かされていて、なるほど、こうきたか、って思いました。


憑神たちとのやり取りや、親父たちとの掛け合いなどなど、これは映像で見てみたいと久々に思った作品でした〜。
| マメリ | 浅田次郎 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/486