お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『三国志〈8の巻〉水府の星』 北方 謙三 | main | まもなく12月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『図書館革命』 有川 浩
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-11)
原子力発電所をねらったテロ攻撃が小説家の当麻蔵人の作品と酷似していることから、良化特務機関は当麻蔵人の拘束をもくろむ。しかし当麻蔵人は図書隊に助けを求め…


図書館シリーズもとうとう最終巻です。
全4巻…あっという間だった〜…。

今回の騒動はわたしたちの身近によくある題材でした。
わたし達の無関心さをついて、新しい法を知らない間に施行する。そしてわたし達は後になって不便さに「そんなの知らないし!聞いてない!」と文句を言う。
『図書館革命』でも、当麻蔵人から表現の自由を取り上げることを、当麻のファンや出版業界の人間以外はたいした興味もなく傍観していたけれど・・・それが自分の身に降りかかるとどうだろう?傍観していれる?どのように変わっていくだろう?
そんな傍観者をうまく引き込み、良化特務機関を押し返していく図書隊と「未来企画」の行動がわかりやすく書かれていました。

ま、そんな固いことは置いといて。
このシリーズの読みどころって言ったらやっぱ郁と堂上教官のやり取り。
もー、しょっぱなからカモミール飲みに2人で出かける場面が・・・!!デートデート!しょっぱなから来たよ!とニヤニヤしつつ…堂上教官のしれっとした言葉に身悶えたり、郁の失言に言っちゃったー!と照れたり…。
しょっちゅう手を○○してたのには、照れました。本の中で、登場人物たちが手を○○くらいで照れてしまうなんて…このシリーズだけです。
2人の反応がそれくらいウブいからたまんない・・・。
やー、楽しかった。

最後まで図書特殊部隊は突っ走りまくり。
入院中の玄田隊長が出てきたのには、ビックリしたけど嬉しかった。
柴田と手塚の関係にもうずうずして…
最後まで勢い衰えることなく、ハラハラドキドキ、たまにキャーキャーテレながら楽しく読みました。

楽しかった!
また近々1巻から読み返したいものです♪

JUGEMテーマ:読書


| マメリ | 有川浩 | comments(12) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
ぴろこ (2007/11/27 9:06 PM)
面白そう!
大人になると、学生のときほどワクワク・キャーキャーしながら本を読めなくなった気がするわ〜。
そんなアタシを尻目にマメリはかわいぃわ(笑

年末はゆとりができそうじゃけん、ゆとりもって本が読めそうかな。
マメリはがっつり仕事かな?
忙しくなるんじゃろうけど、体には気をつけて頑張りゃあ♪
なつ (2007/11/28 10:07 AM)
手を○○?
アラアラ!気になるじゃないのー!
カモミールティーを飲みに・・・かァ(遠い目)

そういう別のところの萌え要素(?)を除いても、
とっても惹かれる本だね。
「身近にある話」って、「自分に置き換えて読むことができる」から、自分ならこうするだろう、とか
こう思うだろう、とか考えながら読み進めるのも
おもしろいかもね。
今度、読んでみまーす☆

記事に関係ないけど、今になってようやく「まんまこと」買ったよ。。。
マメリ (2007/11/29 1:47 AM)
>ぴろこ
おもしろいよー。ぜひ読んでみて。
これはねぇ、みんな身悶えながら読んでしまうんよ…。
他の人の感想見ても、みんな身悶えとる!(笑)
いやもー、顔がにやけまくるけー、お家で読むことをオススメするよ。
年末はもちろん仕事よ!でも来月はなぜか2連休が沢山あったり…。たこぼーる、食いにいこーぜー。
マメリ (2007/11/29 1:51 AM)
>なつさん
こんばんわ〜☆
見た目分厚い本なんだけど、2時間もあればスルスルって読めちゃう本なので、お休みの日とか休憩時間にでも!でもひと目があると、にやけた時恥ずかしいかも(笑)
私はこのシリーズをバスの中で読んでて、やばかった時がある…。「ぽん」のときなんだけどね…。2巻か3巻に出てくるんだけど…ぎゃー!!って叫びたくなるくらい、恥ずかしかった!身悶えてしまう!そんな本よ(笑)

「まんまこと」も切ない恋が良かったっすよー。
しゃばけのドラマもあったし、語りたいね♪
エビノート (2007/11/30 11:29 PM)
完結巻も思う存分、キャーキャー身悶えることができましたね♪
とっても楽しかったです(^_^)
表現の自由についてや無関心の怖さなど、いろいろと考えさせられることと、平常心ではいられないラブコメのバランスが絶妙な作品でしたね。
終わっちゃった〜と思う間もなく、スピンオフ作品が雑誌掲載されるとのこと。
まだまだ楽しめそうですね♪
玄田隊長の若かりしころの話とか、読めたら良いなぁ〜。
マメリ (2007/12/01 11:41 PM)
>エビノートさん
こんばんわ☆

全4巻での完結…寂しいですね〜!
郁と堂上教官にどれだけ身悶えさせられたことか!
何で有川さんのラブはこんなに気恥ずかしくなっちゃうのか…不思議で仕方ないです…。でも一度味わうと、クセになっちゃいますよね(笑)
スピンオフ作品もすっごく楽しみです!
玄田隊長の若かりし頃…うわー、読んでみたい。すっごいテンション高そう(笑)
藍色 (2007/12/04 1:51 AM)
こんばんは。
終わってみると、あっという間でしたね〜。
楽しくて一気に読んじゃいました。
堂上教官と郁やキャラたちの恋の行方にニヤニヤで、
読んでいるこちらが照れてしまうことも多かったですね。
スピンオフ作品も楽しみです。

サイトの混雑で
『あやつられ文楽鑑賞』のコメント、TBが届かなかったみたいです。
お手数ですが再TBなど、していただけますか?
マメリ (2007/12/08 12:02 AM)
>藍色さん
こんばんわ。
お返事遅くなっちゃってごめんなさい…!!

あっという間でしたね〜。
待ってる間は長かったけど、いま思い返してみると完結巻までがあっという間だった…。
一冊が分厚いのに、あっという間に読み終わっちゃうし。
すべてがあっという間でした…。
あ、でも堂上教官と郁の恋はあっという間じゃなかった…。じれったかった〜!(笑)
新婚生活もラブラブしてるみたいだし…思い出しただけでニヤニヤしちゃいます。ほんと、楽しいシリーズでしたね。
スピンオフ作品、早く読みたいです!

文楽鑑賞の件、了解いたしました〜♪
らぶほん (2008/01/18 2:36 PM)
こんにちは。
もう絶叫なくしては読めない最終巻でしたね。
毎回、心で絶叫はしていましたが(笑。
こんなに愛があふれて甘々でいいのか!と言いたくなる内容と、言論の自由という硬い内容が絶妙のバランスでした。
恋人にするなら絶対に堂上みたいな不器用な男!がいい、とあらためて思ってしまいました。
有川さんにありがとう!と言いたくなるシリーズでしたね。
マメリ (2008/01/19 1:11 AM)
>らぶほんさん
こんばんわ☆

いや〜、身悶えますね〜!
私も毎回、心の中で絶叫しまくってました(笑)気恥ずかしくって、きゃーきゃー言いまくりだし。
この最終巻は手塚と柴崎もやってくれましたよね〜。
なに担保って!あんたたち、ちょっと生々しいわ〜!とこっちのカップルにも身悶えしまくりでした(笑)
スピンオフ作品が4月発売だそうですね♪
すっごく楽しみです!
苗坊 (2008/03/30 10:58 AM)
こんにちは。
ようやく読みました^^
悶えますね。たまらないです。
一人部屋の中じゃないと怪しい人になってしまうので、読めません^^;
柴崎が今回はキーマンでしたよね。
流石でした。
番外編も出るらしいですね!
ものすっごく楽しみです^^
マメリ (2008/03/31 2:02 AM)
>苗坊さん
こんばんわ〜☆
コメントありがとうございますvv

悶えますね〜。
有川さんの本はどれもこれも悶えますよね〜。
部屋でひっそり読まなきゃ妖しい人になるってわかってるのに、我慢できずにバスの中で読んじゃうんですよね…。で、うきゃーっと叫びたくなって困る(笑)
番外編、早く読みたいですねv
わたしもすっごくすっごく楽しみ!!









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/566
図書館革命 〔有川 浩〕
図書館革命有川 浩 メディアワークス 2007-11売り上げランキング : 34おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの図書館の鐘を鳴らせ! 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった―
| まったり読書日記 | 2007/11/30 11:01 PM |
図書館革命 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。『図書館戦争』シリーズ第4弾完結巻。原発襲撃テロから作家を狙うメディア良化委員会。司法対決も描きながら今回の任務は要人警護。過去の事件の後日談もさりげなく織り込まれ、「無関心」 「善意の
| 粋な提案 | 2007/12/04 1:51 AM |
図書館革命⇔有川浩
図書館革命 有川 浩 突然原子力発電所を襲った国際テロ。 作家・当麻蔵人の「原発危機」のストーリーとテロの内容があまりにも似ていたため、大きな問題となる。 「原発危機」は、テロリストたちが参考にするほど危険であり、当然著者である当麻にも責任があり、
| らぶほん−本に埋もれて | 2008/01/18 2:41 PM |
(書評)図書館革命
著者:有川浩 図書館革命(2007/11)有川 浩商品詳細を見る 公休日、堂上と二人で買い物に来ていた郁へ帰還命令が下る。図書基地へ戻った二人...
| 新・たこの感想文 | 2008/02/28 7:52 PM |
図書館革命 有川浩
図書館革命 オススメ! 年始、原子力発電所を襲った国際テロ。 それが図書隊史上最大の作戦(ザ・ロンゲスト・デイ)の始まりだった―ついにメディア良化法が最大の禁忌に手をかける!? 図書隊は良化法の横暴を阻止できるのか!? 手詰まった状況を打破する一手を
| 苗坊の読書日記 | 2008/03/30 10:20 AM |