お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< DECOチョコ! | main | 『インディゴの夜 チョコレートビースト』 加藤 実秋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『借金取りの王子』 垣根 涼介
村上真介はリストラを請負う会社に勤めるサラリーマン。昨日はデパート、今日はサラ金、明日は生保に乗り込んで、泣かれたり、殴られたり。相性バッチリの恋人陽子は恐ろしく気の強い女で、すんなり結婚とはいかないし、真介の前には難題山積み。だけど明日は来る――。他人事でないリストラ話に思わず涙。働く人必読の面白小説! <Amazon 出版社 / 著者からの内容紹介>


『君たちに明日はない』に続く村上真介のシリーズ第二弾。
面白かったです!
リストラ請負会社が舞台なので、常にリストラされる立場の人も出てくるんですよね。その人たちの心情なんかを考えると無邪気に面白いなんて言ってられないんだけど…でも面白かった。
前作とはちょっと雰囲気違ったのかな?なんかいい人が多かった気がする。

真介と陽子の仲も気になるけど、今回は各話で登場したリストラ対象者のそれぞれの内情や気持ちが切々としていてとても良かった。
仕事に対する姿勢や、大切に思うからこそ出てこない言葉だとか。
とくに「借金取りの王子」では泣きそうになっちゃった。

頑張っても伸び悩み、でも踏ん張るしかなくて…辛いけど泣き言なんていってられない。
部下を大切にして、仕事も一生懸命やって、奥さんをとても大切に想っている王子の落胆がすごく痛かったです。
どうにもならないことってあるけど…これは切ない…。

最後のお話では陽子がまさかの××?!と不安になったけど、どうにか落ち着いてくれたのでほっとして本を閉じれた。
陽子さん、お願いだからこのまま落ち着いてて…と祈ってしまうのは、あの人が魅力的な人だとわかってるから…かな…。
JUGEMテーマ:読書


| マメリ | 垣根涼介 | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
higeru (2008/03/29 6:43 PM)
 表題作は泣けるよね。じわっとくる程度はあっても「泣ける」というのは垣根さんのでは初めてかも知れない。
しんちゃん (2008/03/29 10:43 PM)
こんばんは。
このシリーズは安心して読めますよね。
一番は「借金取りの王子」ですが、生保会社の男も良かったです。
アキも読みたい、村上真介も読みたい。垣根涼介から目が離せませぬ。
マメリ (2008/03/30 1:05 AM)
>higeruさん
こんばんわ☆
今回はちょっと考えさせられましたね〜。
前回よりもリストラされる側にスポットがあたってたので、悲しさとか悩みとかが切々と…。
読みながら、心臓が痛い…と思ってしまいました。
マメリ (2008/03/30 1:07 AM)
>しんちゃん
こんばんわ☆
生保会社の男も良かったですね!
彼の決断とこれからの未来には心がすっとしました。いい道を選んだな、と。

アキも続編を買ってあるので、早く読みたいんですよね。
垣根さん、読み始めてまだまだ日は浅いけど、どっぷりはまりそうです。
藍色 (2008/03/30 3:44 AM)
こんばんは。
真介と陽子のやり取りが楽しい第二弾でした。
表題作、奮闘する王子、健気でしたね。
池口の姿勢にも感じるものがありました。

トラックバックさせていただきました。
マメリ (2008/03/31 1:59 AM)
>藍色さん
こんばんわ☆
コメントとTBありがとうございますv

表題作は印象的な作品でしたね。
かなり厳しい世界だっていうのは聞いたことあったけど、こんなとこだったんだ…と驚きながら読みました。
王子の奮闘ぶりに、頑張れ!って思うんだけど…もういいじゃん、そこから脱出しようよ、逃げようよ、とも何度も思ってました。









url: トラックバック機能は終了しました。
【垣根涼介】借金取りの王子
 『君たちに明日はない』の続編である。笑いあり涙ありの連作五話。必殺リストラ請負人・村上真介は今日も行く! 新潮社 2007/9/20 発行  今回真介ら「日本ヒューマンリアクト(株)」の面々が乗り込むのは「File1. 二億円の女」がデパート、「File2. 女難の相
| higeruの大活字読書録 | 2008/03/29 2:32 AM |
「借金取りの王子」垣根涼介
借金取りの王子垣根 涼介 (2007/09)新潮社 この商品の詳細を見る 「美代ちゃん、じゃあ次のファイル、ちょうだい」「はーい」いつもの村上真介...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/03/29 10:44 PM |
借金取りの王子 垣根涼介
装画は井筒啓之。装幀は新潮社装幀室。初出「小説新潮」。連作短編集。「君たちに明日はない」の続編(既読・記事は未アップ)。 主人公の...
| 粋な提案 | 2008/03/30 3:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/11/24 1:11 PM |