お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『コールドゲーム』 荻原 浩 | main | 『いっちばん』 畠中 恵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『夜のピクニック』 恩田 陸
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。<Amazon 「BOOK」データベースより>


今更『夜のピクニック』。
何で今頃になって…という感じですが、この作品が話題になっていた当時はどうも手が伸びなかったんです…。けど先日、ふと本屋さんで表紙を見かけて、「あ、読んでみようかな」と思って買っちゃった。

恩田さんの作品は、『光の帝国』が発売された比較的初期の頃から、新刊が出るたびに買ってました。
コンスタントに新刊が出て、しかも読みやすいしどれも楽しくて好きでした。
けどワーホリから帰ってきてからというもの、なぜか遠のいてました。。。

まあそれは置いといて、夜のピクニック。
面白かったです。
物語に大きな起伏はなく、歩行祭という朝8時から翌日の朝8時まで歩きとおすという学校行事の中での、高校生の何気ない会話が主体と言ってしまえばそれまで。
けどその何気ない会話の中に、はっとさせられ、二度と経験することの出来ない過ぎ去った時間というものを切なく思い出させる。

こういう行事、やってみたかったなーと思いました。
でも高校生に逆戻りして経験したいのかと言うと、違う。
今の自分のままで、年だけ高校生の頃に戻ってこういう行事に参加したい。
やっぱり今振り返ると、高校時代っていい事ばっかりじゃなかったし、あの頃は色々と幼かったんだな…と思うんです。
本書に登場するような、こんないい子じゃなかった。
だから、少しは成長したであろう今の自分で参加したい。
そして貴子や融たちのようにたわいのない会話をして、高校生活を振り返って、笑いあったりしたい。

登場人物にも好感がもてて、読後感もすごく気持ちが良かったです。
勉強嫌いの私はあまり学生時代に戻りたくないんだけど、これを読むともう一回学生やってみたいなーなんて考えてしまった…。
読んでいてホッと心が落ち着くし、のんびりと読み進めることができるので、寝る前の読書にもオススメです。
| マメリ | ★★日本人作家 あ行★★ | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
苗坊 (2008/10/05 9:32 AM)
こんにちは^^TBさせていただきました。
恩田さんの作品、私もちょこちょこ買ってます。
最近は難しい作品が増えてますが、私は恩田さんの書く高校生の物語が好きです。
登場人物に好感が持てますし、ストーリーは重くても、最後が清々しいっていう作品が多いので^^
映画化された当初は観ない!と思っていたのですが、最近観てみたいな・・・と思うようになりました。
マメリ (2008/10/07 12:56 AM)
>苗坊さん
こんばんわ☆
TBありがとうございます〜♪

わかります!わたしも恩田さんの書く高校生モノ好きです♪
読後感が良いですよね〜。おもわず、学生時代に戻りたちと思っちゃう…。こんな学生時代をすごしてみたかったな、とかこんな出会い、経験をしてみたかったな、って思います。

この本が話題になった当時はあまり興味がなかったので詳しくないんですけど…、映画化もされたんですか?!
私も観てみたいな。
彼らが歩いてる姿、映像でみたいです♪









url: トラックバック機能は終了しました。
夜のピクニック 恩田陸
夜のピクニック オススメ! 毎年、北高では1年の最後の行事に「歩行祭」というものがある。 名のとおり、朝8時から丸1日かけて80キロの道のりをひたすら歩く。 膝に痛みを感じていた西脇融は、自由歩行の際に、テニス部の部員達と歩くか、親友の戸田忍と歩く
| 苗坊の読書日記 | 2008/10/05 9:28 AM |