お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『隼小僧異聞―物書同心居眠り紋蔵』 佐藤 雅美 | main | 『手紙』 東野 圭吾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『犬はどこだ』 米澤 穂信
開業にあたり調査事務所“紺屋S&R”が想定した業務内容は、ただ一種類。犬だ。犬捜しをするのだ。―それなのに舞い込んだ依頼は、失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、このふたつはなぜか微妙にクロスして…いったいこの事件の全体像とは?犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵、最初の事件。新世代ミステリの旗手が新境地に挑み喝采を浴びた私立探偵小説の傑作。<Amazon「BOOK」データベースより>

米澤さんの作品はどれも…ってそんな語れるほど読んではいないけど、これまで読んだ作品すべてがとても読みやすく、そして登場人物に好感が持てる。
どこにでもいそうな、けどちょっと変わってるかも?と言うような人が多い。

これまでは学生が主人公のものがほとんどで、どこか懐かしい雰囲気を持った作品が多かったんですが、この『犬はどこだ』は成人して、一度は社会に出た男性が脱サラして調査事務所を開設したところから始まる。
犬探しをしようと開いた事務所なのに、やってきたのは古文書解読と失踪人捜索。
犬が…犬を…とぶつぶつこだわる紺屋が読んでて面白い。
そして所長の紺屋とアルバイトのハンペーが依頼を綺麗に役割分担してしまったので、リンクしてる事件がずーっと平行線を保ったままなので、どうなるのー?!とじれったくて仕方なかったです。

学生にはない行動範囲の広さや、事件の暗さが面白かった。
GENってただのチャット友達にしては良い人過ぎませんか…?
そんでもって大南さんにもっと登場して欲しい。あの人出てきたら、かなりはっちゃけになると思うんだけど。

続編も予定してるとか。早く出て〜!!
| マメリ | ★★日本人作家 や行★★ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/720