お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『犬はどこだ』 米澤 穂信 | main | 『カフェ・コッペリア』 菅 浩江 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『手紙』 東野 圭吾
東野 圭吾
文藝春秋
¥ 620
(2006-10)
強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。<Amazon 「BOOK」データベースより>

映画化されたこともあり、とても有名な作品ですね。
それを今更、初読みしました(^_^;)
もしかしたら最後まで救いがないかも…?と言うような作品は、読後もやもやが残っちゃうので避けて通る傾向にあったんですけど・・・なんとなーく手を出してしまいました。

加害者の家族を書いた作品を読むのはこれで2作目です。
以前読んだのは、石田衣良さんの『うつくしい子ども』。
おなじ加害者側の家族を書いた作品だけど、この『手紙』の方が読んでいて辛かったです。

兄が強盗殺人犯で服役中。
罪を犯したのは自分ではないのに、世間から色眼鏡で見られ、差別を受ける。
主人公の直貴は必死に頑張っているのに、兄の事が周囲に知れると職を変わらざるを得ず、夢を諦めさせられ、そして住む所も失ってしまう。
直貴の苦しみを読むたびに、なんでどうにもならないの?いい方向に行かないの?と思ってしまう。周囲の人間の対応って、露骨過ぎない?とも思ったりした。
けど、べつに特別酷い世界を描いているわけでもないんだということに、平野社長の言葉を読んでいて気付きました。

直貴視点で読むからそう感じるのであって、外から見ると、これはとてもありきたりな世間で、そこに強盗殺人犯の兄を持った特異な立場の直貴が紛れ込んできた…となる。
遠い世界としか感じられない加害者の身内が、実はどこにいてもおかしくない人で…もしそんな世間が身近にあったら、そのとき自分はどうするだろう?など、いろいろなことを考えさせられるお話でもありました。
何かいてるかわかんなくなった・・・。

そんなこんなで、最後のシーン、私はとても好きです。
| マメリ | ★★日本人作家 は行★★ | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
いくおちゃん。 (2009/02/26 11:41 PM)
こんばんは〜★
この作品は重い題材ではありますが、興味深く読書が出来ました。優しい筆致で簡潔に書かれて読み易かったてすし、ノン、フィクション風に書かれて、主人公の直貴にも感情移入もできました。
この物語の「答」は、出てないですね。「答」を出すのは難しいでしょうね…。
マメリさんも言われてる様に平野社長の言った言葉が印象に残っています。
この作品で作者の東野さんがいいたかったのは、平野社長の言った言葉ではないのかなって、僕も感じます。
「人には繋がりがある。愛だったり友情だったり…。それを無断で断ち切ることなど誰もしてはならない…」
「我々は君のことを差別しなければならないんだ。自分が罪を犯せば家族も苦むことになる…。全ての犯罪者にそう思い知らせるためにもね」等々。(本を片手に書きました)
この作品のラストには僕もなんかホッとしました。じぁ(*^−')ノ
マメリ (2009/03/01 12:21 AM)
>いくおちゃんさん
こんばんわ☆
書こうとしたら途中で詰まっちゃって、記事のアップまでに時間がかかっちゃいました…。

平野社長の言葉は、読み手にはっと気付かせる、考えさせられる力がありましたね。
それまで直貴視点で読んでいたのが、違うんだ、周囲の人たちの反応は普通なんだ…。って衝撃を受けてしまいました。
もしこれが身近で起きたなら、自分は一体どういう行動をとってしまうんだろう…って考えさせられました…。

直貴が兄との縁を切るってはっきり言ったとき、少し悲しかったけどこうなっても仕方ないんだろうな…って諦めてたんです。
だからこの作品のラストには本当にホッとして、ちょっとウルっときてしまいました(;_;)
ikue (2009/03/03 1:40 AM)
あら、意外。
マメリが読んでなかったとは。
ちなみに映画は観た?
ありゃあ、やばいよ。
私、レイトショーで観たんだけど、私が座ってる列、誰も立たなかったからね、終わっても。
正確には立てなかった、か。
隣のおじさんも号泣だった。
まあ、機会があったら映画もぜひ。
マメリ (2009/03/03 11:58 PM)
>ikue
おっす。
映画も観てないよー。
そんなやばい映画なんだ…。うわー、それは見るのに
気合入れんといけんね。
本は最後の場面でぶわーっときたんだけど、やっぱ映画も最後でくる?
ここ最近見た映画って…去年の夏の宮崎アニメ…。
ぜんぜん最近じゃねー・・・。









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/721