お菓子を片手に、日向で読書♪

活字中毒気味で、お菓子作りが趣味のマメリのブログ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LINKS
アマゾン ウィジェット
リンク
ほんぶろ
DrecomRSS
Blog People
RECOMMEND
RECOMMEND
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks)
Modern Classics: Cookies, Biscuits & Slices, Small Cakes, Cakes, Desserts, Hot Puddings, Pies and Tarts (Morrow Cookbooks) (JUGEMレビュー »)
Donna Hay,Con Poulos

手持ちの本の中で一番活用してるお菓子本。綺麗な写真ばかりで、見てるだけで幸せになれます☆英語ですが、難しい言い回しもないので英語初心者でも問題ないです♪
RECOMMEND
東南アジア・オセアニア
東南アジア・オセアニア (JUGEMレビュー »)
ユネスコ世界遺産センター

アンコール・ワット最高
PROFILE
SEARCH
<< 『手紙』 東野 圭吾 | main | 『忍びの国』 和田 竜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
『カフェ・コッペリア』 菅 浩江
人間とAIの混合スタッフが、おいしい珈琲とともに恋愛相談に乗ってくれるカフェ・コッペリア。客のひとりが恋してしまったのは果たしてAIだったのか?―理想の恋に惑う若者たちを描いた表題作、アロマペットを手に入れたOLのせつない日常「リラランラビラン」、最先端美容室のヘアケア技術が招いた意外な顛末「エクステ効果」ほか、すこし未来のささやかで切実な人間模様をつづる七篇。『永遠の森 博物館惑星』『五人姉妹』につづく最新作品集。 <Amazon「BOOK」データベースより>

菅さんの作品はいつも、これもSF?と思ってしまうほどとても優しい空気が流れていて、安心して読めるので大好きです。

7篇の短編の中で、カフェ・コッペリア、リラランラビラン、エクステ効果の3話が好き。
恋した相手がもしかしたらAIかもしれない。人工物のAIがなぜ自我を持ち自ら意見を語り始めたりする…それは真実AIなのか、それとも人間なのか?
戸惑うカナタ。
そして大切にしている癒しのペットを狙われ、そこにはお金の問題も絡んでいて逃げ惑う優梨亜。
ビューティー・サロンに頻繁に来すぎる顧客に疑問を持ちなやむ加世。

宇宙ステーションが出てきたり、ドンパチやったり、難しい言葉がたくさん出てきたりってだけがSFではない。
わたし達がいま居る世界とあまり変わりがない、けどほんのちょっと便利になっていろいろなことが出来るようになってる世界のお話。

登場人物も穏やかな人が多く、読んでいてとても気持ちが良かったです。
| マメリ | ★★日本人作家 さ行★★ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://mameri.jugem.jp/trackback/722